今話題のレーザートーニングの効果とは?

夏になると、日焼けが気になるでしょう。

昔は、小麦色に焼くのが、健康的で、若さの象徴と言ったイメージが強かったのですが、紫外線の恐怖から、最近では美白が提唱されるようになりました。
今は大丈夫でも、将来しみやそばかすだらけなんて嫌ですし、皮膚がんになるのはもっと怖いですからね。
しかし、日々の生活の中で、思っている以上に、私たちは、紫外線を浴びて、日焼けや摩擦で肌はダメージを受けているのです。
自分ではしっかりとケアしているつもりでも、そのケアが逆に肌を痛めてしまっている場合も。
そこでお勧めなのが、レーザートーニングです。
これは何かと言うと、シミ治療法で、メドライトC6という機器専用のレーザー照射モードを使って、シミやそばかす、気になる黒ずみ等の色素沈着を改善していくと言うものです。
勿論自宅で行うことは出来ず、医療機関での治療法となります。
小さい、出来たばかりのシミは、自己ケアによって若干綺麗になるものの、根本的、肌の根っこにあるシミの元まで取り除くことが出来ません。
特に、肝斑は、自己ケアでは無理ですし、従来のレーザー治療でも困難とされていた為、レーザートーニングの存在は、肝斑で悩んでいた人にとっては、まさに救世主なのです。
色素沈着で、美肌が台無しに、それ以上に肌状態が悪化してしまうようなことがないように、レーザートーニングを美肌ケアの方法として摂り入れてみませんか?
顔だけでなく、脇やその他デリケートゾーンの黒ずみを徹底的に解消出来るでしょう。

レーザートーニングが選ばれるメリット

最近美容クリニック等で話題なのが、頑固な肝斑等のシミを徹底的に消し去る効果があると言うレーザートーニングです。

シミ等を取り除くには、出力が強くないと効果が無いのですが、その反面で、肌へのダメージにリスクが生じます。
エネルギー熱によって、皮膚が損壊し、ヤケドしてしまう場合もあります。
レーザートーニングは、こういったリスクを回避する為に、出力が弱めに設定されています。
その為、肌への負担が少なくなり、熱によるヤケドをすることが無いので、痛みを感じることもありません。
又、その他にも生じる肌トラブルを予防することが出来るので、元々肌が弱い人や、アレルギーが出やすい人でも、十分施術を受けることが出来るでしょう。
皮膚科に行くと、シミを消す為の薬を処方されるのですが、止血剤を飲むと言うリスクがあり、これが、脳梗塞や心筋梗塞、血栓性静脈と言った病気を引き起こしてしまうので、勧められません。
シミは、老化が原因だけでなく、様々な要因が絡み合って出来る為、自己ケアだけでは、効果を得ることが難しいのです。
人によってシミの状態や種類も違うのに、それに適したケアをしなければ、余計悪化してしまいます。
そこで、肌トラブルをトータル的にケアしてくれるのが、レーザートーニングなのです。
レーザートーニングで使われるメドライトC6は、長い波長なので、皮膚の内部にまで行き届き、コラーゲン生成を助けるのです。
その結果、肌に弾力と艶が蘇り、気になる毛穴の開きやほうれい線、目尻のしわもしっかりと取り除いてくれると言う、シミ以外の効果も期待出来るからです。
肌美容のトータル的効果を考えるのであれば、レーザートーニングは、理想的なシミ治療法と言えるでしょう。

シミ以外の効果も期待!

女性にとって怖い存在なのが、シミですが、シミ以外にも、年齢を重ねると出てきてしまうのが、気になるところです。

例えば、ハリやキメが悪くなり、毛穴が開き、ほうれい線が目立つようになったと言う方は、そのままの状態にしてしまうと、当然、肌はどんどん老いてきて、気が付いた頃にはしわだらけ、シミだらけ、毛穴が開いて、皮脂分泌が盛んになり、ニキビができ放題、なんてことになりかねません。
普段からこまめに美容ケアをしていると言う方でも、加齢には勝てない程、肌の状態はどんどん変化してしまうのです。
そこで、第三者の手を借りることが大事であり、その手となってくれるのが、レーザートーニングです。
従来のレーザーでは、取り除くのがとても難しかった肝斑等も、何度かの施術で、見えない程の状態に消えてくれますから、気にしていると言う人にとっては、嬉しい方法と言えます。
シミと言うのは、今日紫外線を浴びて、その日のうちにすぐに出ると言うわけではありません。
若い頃に無茶して、外で肌を焼きまくった結果、そのシミになる予備軍が肌の奥底で、きっかけを待っているのです。
ちょっとした刺激に対しても、すぐに反応して、その予備軍が出てくる可能性もあるので、油断できません。
大人になって、どんなに美肌ケアをしても、日傘や帽子で対処しても、何年も前からのシミ予備軍がいると言うことを頭に入れておかなければならないのです。
出来てしまったシミはそのまま放置せずに、すぐにレーザートーニングケアをすれば、悪化せずに、すぐに綺麗になりますし、開いた毛穴もキュッと、ほうれい線のしわやたるみも取り除いてくれると言うサブ効果も期待できるのが嬉しいですね。

レーザートーニングで目の下のクマは取れるのか?

意外と多いのが、目の下のクマ、一度出来てしまうと、なかなか改善されずに、何とも病的に見えてしまいますし、ファンデーションでカバーしてみても、しっかりとカバーされず、混ざったような色になって、隠そうとするあまり、厚塗りになってしまいます。

その為、目の下のクマを取り除くのであれば、レーザートーニングはお勧めであり、トップハット型照射でクマに照射すると、メラニンの過剰分泌を抑えて、クマとなり現れるシミの悪化を防いで、徐々に改善していきます。
クマは血行が悪くなっているので、シミとは関係ない為、レーザーの力では無理だと思っている人も多いのですが、クマの中には茶クマと言われる、目の下に色素斑が出来てしまい、これがクマのように見えるところから、名づけられました。
この茶クマであれば、シミなので、当然、レーザートーニングでも効果を得ることが出来ます。
目の下と言うのは、皮膚が薄く、ちょっとした刺激に対しても、すぐに反応してしまう所なので、一般的なレーザーによる治療では、刺激が強すぎて、逆にクマが酷くなってしまいます。
そこでお勧めなのが、レーザートーニングで、炎症・色素沈着を起こさない程度で弱い出力で照射していくので、元々肌が弱いと言う人も、安心して施術を受けることが出来ます。
デリケートな目の下のクマを、均一の低エネルギーで、徐々に色素を薄くしてくれるのです。
勿論、クマは、血流が悪くなっている状態でもあるので、目のくまに効くツボ等を押すことで、血流を良くしているので、それもプラスして行っていくと、今まで着になっていたクマも、素肌でも全く気にならなくなるでしょう。